勇者ライディーン (1975) / Brave Raideen

『勇者ライディーン』(ゆうしゃライディーン)は1975年(昭和50年)4月4日から1976年(昭和51年)3月26日まで、金曜日19時00分 – 19時30分にNETテレビ系列で放送されたテレビアニメ。全50話。原作は鈴木良武。富野喜幸は、前半1-25話の監督を務めた。安彦良和は本作で初めてキャラクターデザインを担当した。細くはかなげな主人公ひびき洸と美形敵役シャーキンは、多くの女子ファンを獲得した。

勇者ライディーン (1975) / Brave Raideenの概要

1万2000年前にムー帝国を襲った妖魔帝国が再び現代に蘇り、「悪魔の時代の完成」を目指して活動を開始した。そして、世界で謎の大地震が発生する。

考古学者の祖父と父を持つ快活な少年ひびき洸(あきら)は地震直後に「目覚めよ勇者よ、ライディーンが待つ」と語りかける謎の声を聞き、導かれるままボートで沖へ向かう。そのもっと沖合には洸の父一郎が乗る調査船が居た。古代ムーの文献に書かれた謎のエネルギー「ムートロン」を調査していたのである。その調査船を狙い妖魔帝国軍のドローメとガンテが海中から浮上し迫る。一方、洸のボート付近の海が突如うねり始め大渦になる。渦の中心からピラミッドが現れ、その中から巨大な金色の像が出現した。洸が呪文を唱えると像は洸を吸い込み鮮やかな色彩を帯びて動き始めた。像は古代ムー帝国が妖魔に対抗するため作り上げた巨大ロボットライディーンだったのだ。洸はライディーンを操縦してなんとか妖魔軍を退けるが、調査船と乗員はガンテの魔力で石にされ、船は沈み乗員は拐われてしまう。

想定外の敵の出現に驚いた妖魔帝国のプリンス・シャーキンはライディーンに興味をもつ。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 伝説巨神イデオン (1981) / Space Runaway Ideon

  2. 機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM

  3. 無敵超人ザンボット3 (1977) / Invincible Super Man Zambot 3

  4. ラ・セーヌの星 (1975) / La Seine no Hosh

  5. 無敵鋼人ダイターン3 (1978) / The Unchallengeable Daitarn 3

  6. 海のトリトン (1972) / Triton of the Sea

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。