劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3

81年3月に一部、同7月に二部が公開されたアニメーション「機動戦士ガンダム」の完結篇。脚本は「機動戦士ガンダムII 哀・戦士」の星山博之、荒木芳久、山本優、松崎健一、総監督も前作の富野喜幸がそれぞれ担当。

 ・ amazon : 劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3
 ・ amazon prime : 劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3
 ・ Hulu : 劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3
 ・ U-NEXT : 劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3
 ・ dTV : 劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3
 ・ GYAO : 劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3
 ・ Bandai : 劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3
 ・ Youtube : 劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3

劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3のあらすじ

地球連邦軍基地ジャブローへのジオン軍の執拗な攻撃を退けたホワイトベースは、宇宙へ向けて発進した。今回の主任務は、ルナツーへ向かうティアンム艦隊よりジオン軍の目をそらすこと、すなわち囮となることだった。シャアもまた、ホワイトベースの後を追って地球を発進した。途中、ジオン軍のキャメル艦隊との戦闘で傷ついたホワイトベースは、サイド6へ向かった。アムロはサイド6の市街へ出た時、酸素欠乏症で脳を侵されている父を発見する。父の症状に絶望したアムロは、偶然、ララァと呼ばれる不思議な少女と一人の男に会った、アムロはこの男こそシャアに違いないと直感した。サイド6を後にしたホワイトベースは、連邦軍の第三艦隊と合流、ジオンの宇宙要塞ソロモン攻略戦に参加。凄絶な闘いの末、ソロモンは陥落した。しかし、この戦いでスレッガーが死に、いつしか彼を愛していたミライは、アムロにとりすがって泣いた。ホワイトベースはテキサスコロニーに入港した。シャアもまた新型モビルスーツ=ゲルググを受け取るため、テキサスに潜入していた。そのシャアと今は敵同士の妹セイラが再会した。シャアは彼女に艦を降りて地球へ脱出しろと告げると、砂嵐の中へ消えていった。今やソロモンは連邦軍の拠点として活動を開始していたが、モビルアーマー=エルメスを操るニュータイプ少女ララァの攻撃は、連邦軍を苦しめていた。ついにアムロとララァが対決し、アムロが勝った。だが、ララァが死ぬ寸前、二人のニュータイプの思惟が重なりあった。二人は“人類の未来”を見たのだった。ついに連邦軍主力艦隊に向けて、最終兵器ソーラ・レイが発射された。それは艦隊の大部分を一瞬にして消し去った。ホワイトベースを含む連邦軍残存艦隊は、ジオン軍の宇宙要塞ア・バオア・クーに最後の総攻撃をかけた。ガンダムとシャアの乗る試作途中のモビルアーマー=ジオングは激しく戦い続け、ついにアムロとシャアは大破した機体をすて、生身の体を張って戦い始めた。二人の無意味な戦いをやめさせようとするセイラ……そして、戦いは終った。戦争の虚しさを知った連邦軍とジオン軍の和平交渉が成功したのである。今こそ戦争のない新しい世界が開けようとしていた。だが、アムロとの戦いの最中に姿を消したシャアの行方はそれ以後分からない--。

劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 (1982) / Mobile Suit Gundam 3のあらすじ2

宇宙へ出たホワイトベースは、ジオン軍のドレン大尉率いるキャメル艦隊に迎撃された。だが、戦いに慣れてきたアムロ・レイたちは難なくこれを撃破し、ホワイトベースは中立地帯のサイド6へ針路をとる。そこには幾多の出逢いと別れが待っていた。ミライ・ヤシマはかつての婚約者カムラン・ブルームに再会し、アムロもまた父テム・レイの姿を発見する。だがテムは酸素欠乏症で無惨な姿を見せ、ミライもカムランを拒絶するばかりだった。父に別れを告げるべく出かけたアムロは、湖畔で不思議な雰囲気の少女ララァ・スンと出逢い、さらに赤い彗星のシャア大佐にも生身で対面する。そして出港を待ち伏せしていたコンスコン艦隊との戦いで、アムロは異常に高い戦闘力を発揮し始めるのだった。

暗礁宙域のテキサス・コロニーに入ったガンダムはシャアの乗るゲルググの襲撃を受け、アムロはニュータイプ専用モビルアーマーのテストに待機していたララァと精神の共鳴を覚える。そしてアムロを探しに出たセイラも、ついにシャアとの再会を果たした。彼らはニュータイプ説をとなえ、ジオン共和国を建設したジオン・ズム・ダイクンの遺児だったのだ。ザビ家がダイクンを暗殺したと確信するキャスバルは、シャアと名乗ってジオン軍に入り、復讐をたくらんだのだ。しかしシャアはさらなる時代の革新を信じるようになり、目的のためにセイラに別れを告げた。

地球連邦軍はジオン軍の宇宙要塞ソロモンに大規模な攻略戦を開始し、ソーラー・システムで太陽光を収束させて焼いていく。要塞の陥落を確信したドズル・ザビ中将は、モビルアーマー“ビグ・ザム”で特攻を試みるが、スレッガー中尉捨て身の攻撃とアムロのガンダムの奮戦で阻止される。スレッガーに思いを寄せ始めていたミライは、その死に激しい衝撃を受けた。

地球連邦軍はソロモンを接収してコンペイトウと改称、ここを拠点にジオン軍の宇宙要塞ア・バオア・クーを陥落して終戦へ持ちこもうとしていた。しかしキシリア・ザビ配下のシャアは、ニュータイプ部隊の先がけとしてララァの乗るモビルアーマー“エルメス”を実戦に投入する。遠隔攻撃でビットを操つるエルメスは、連邦軍の艦船類を次々に破壊して、予想以上の戦果をあげた。

ついにア・バオア・クーへの連邦軍艦隊の進撃が開始され、ホワイトベースもキシリアの艦隊と激しい砲火を交える。エルメスのララァの力に匹敵するニュータイプ能力を発揮し、ガンダムの戦闘力を高めていくアムロ。だが、その戦いを通じて両者の精神は共鳴し、輝きに包まれていく。戦いが混迷を深める中で、シャアをかばったララァは、アムロのガンダムのビーム・サーベルに焼かれていく。その散華の瞬間、ララァの心はアムロとひとつになって壮大なビジョンを見るが、彼女は二度と帰らぬ人となってしまった。

一方、ギレン・ザビ総帥は密閉型コロニーを巨大なレーザー砲塔に改造したソーラー・レイを発動させ、父親のデギン公王や連邦軍のレビル将軍もろとも敵艦隊の大多数を消滅させてしまった。残った艦艇を集結させ、なおもア・バオア・クー陥落を目ざす連邦軍とホワイトベース。キシリアはギレンのいる要塞に合流して迎撃を指揮し、シャアは半完成のニュータイプ用モビルスーツ“ジオング”で出撃する。だが、ギレンの父親殺しに勘づいたキシリアは、戦いの最中にレーザーで兄を射殺し、ついに全権を掌握した。

ガンダムはジオングと差し違えて大破し、ホワイトベースも主エンジンを失って不時着。戦いは白兵戦へと移行していく。シャアとアムロの生身の戦いに割って入ったセイラだったが、陥落寸前の宇宙要塞は炎上し、アムロは爆風に流されていく。シャアは脱出を試みた卑劣なキシリアを射殺し、一人きりになったアムロも絶望に包まれる。だが、大破したガンダムを発見したアムロはコア・ファイターに乗りこみ、そこで戦うホワイトベースのクルーたちの姿を脳裏に見た。アムロの心の声に導かれたブライトたちは無事に脱出に成功、セイラもそこに合流したが、アムロの姿だけが見つからない……。

だが、迷っていたアムロの心へ呼びかけ、脱出へ導いたのはカツ、レツ、キッカ3人の子どもたちであった。彼らこそが次世代のニュータイプ……。帰るべき仲間たちの姿を見つけたアムロはコア・ファイターを捨て、宇宙を飛翔する。かくして宇宙世紀0080、地球連邦とジオン共和国の間に終戦協定が結ばれたのであった。(公式サイトより)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 劇場版 機動戦士ガンダム (1981) / Mobile Suit Gundam Movie

  2. 劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 (1981) / Mobile Suit Gundam 2

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。