ラ・セーヌの星 (1975) / La Seine no Hosh

『ラ・セーヌの星』(ラ・セーヌのほし)は、1975年4月4日から同年12月26日までフジテレビ系列で放送されたテレビアニメ。制作はフジテレビ/ユニマックス/創映社(現・サンライズ)。全39話。
監督は、前半1-26話を出崎哲、後半27-39話を富野喜幸が担当した。金子満が設立したエムケイの初作品である。

ラ・セーヌの星 (1975) / La Seine no Hoshの概要

1789年に勃発したフランス革命の頃のパリを舞台とし、美少女剣士の活躍を描く。主人公はシテ島で花屋の娘として育った美しい少女シモーヌで、変装して「ラ・セーヌの星」を名乗り戦う。シモーヌはオーストリア女帝マリア・テレジアの夫フランツ1世とオペラ座の歌姫を両親に持ち、ルイ16世の王妃マリー・アントワネットの異母妹であるという設定である。

基本的に全てフィクションであるが、モーツァルトやモンゴルフィエ兄弟、オルレアン公とその私邸パレ・ロワイヤル、ナポレオンなど実在の人物・建物が登場すること、革命前夜から「バスティーユ牢獄(以下、作中の表現に従いバスチーユと表記)の襲撃」「国王・王妃の処刑」に至るまでの情勢の流れや、数々の史実・歴史的事件を物語の基盤としており、放送当時話題を呼んだ。「ラ・セーヌ」は“La Seine”でセーヌ川のことである。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 海のトリトン (1972) / Triton of the Sea

  2. 機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM

  3. 無敵鋼人ダイターン3 (1978) / The Unchallengeable Daitarn 3

  4. 無敵超人ザンボット3 (1977) / Invincible Super Man Zambot 3

  5. 勇者ライディーン (1975) / Brave Raideen

  6. 鉄腕アトム (1963) / Mighty Atom

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。