機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM

『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、英:MOBILE SUIT GUNDAM)は、日本サンライズ制作の日本のロボットアニメ。テレビシリーズアニメとして1979年から名古屋テレビほかで放映された。
ロボットアクション以上に、主人公の社会的成長が物語の主軸に据えられている。また、戦争を舞台としたリアリティに富んだ人間ドラマと、ロボットを「モビルスーツ」と呼ばれる兵器の一種として扱う設定を導入したことで、1980年代初頭から半ばにかけての、後に「リアルロボットもの」と称されることになる一連のロボットアニメ変革の先駆けとなった。

 ・ amazon : 機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM
 ・ amazon prime : 機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM
 ・ U-NEXT : 機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM
 ・ dTV : 機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM
 ・ GYAO : 機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM
 ・ Bandai : 機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM
 ・ Youtube : 機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAM

機動戦士ガンダム (1979) / MOBILE SUIT GUNDAMのあらすじ

舞台は、スペースコロニーへの宇宙移民が始まって半世紀あまりが過ぎた未来世界・宇宙世紀0079年。サイド3はジオン公国を名乗り連邦政府に対し独立戦争を挑む。開戦から半年が経過し、戦争は膠着状態に陥っていた。赤い彗星の異名を持つジオンのシャア・アズナブル少佐は、地球連邦軍の新造艦ホワイトベースを追尾して建造中の中立コロニー・サイド7に辿り着いた。サイド7では連邦軍による戦局打開の切り札たるモビルスーツ製造計画V作戦が極秘に進行していた。シャアはモビルスーツ・ザクをサイド7の偵察に送り込む。コロニー内部に侵入した2機のザクは連邦軍のモビルスーツ製造施設を発見。手柄を焦った新兵の暴走により偶発的な戦闘状態に陥る。

連邦軍の技官でモビルスーツ開発者であるテム・レイの息子アムロ・レイは、戦闘の混乱の中、連邦軍の新型モビルスーツ・ガンダムに乗り込む。偶然手にしたマニュアルを片手にどうにか2機のザクIIを倒したアムロだったが、ザクに搭載された核融合エンジンの爆発によりコロニーは損壊。生き残ったサイド7市民は避難民と化す。戦闘で正規クルーの大半を失い、艦長のパオロも重傷を負ったホワイトベースはやむなく新米士官のブライト・ノアを艦長代理とし、新型モビルスーツの回収と並行して避難民を収容。彼らの中から操船と迎撃に必要な人員を確保したホワイトベースはサイド7を脱出。アムロもなし崩しにガンダムのパイロットにされてしまう。シャアの執拗な追撃により、満身創痍のホワイトベースは当初の目的地である地球連邦軍総司令部ジャブローから遠く離れたジオン占領地域の北米大陸に降りてしまう・・・

本作は、地球の激戦地帯を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや戦い、そして別れを経て数々の困難を乗り越え、閉鎖的な極限状態に悩み傷つきながらも一歩ずつ成長していく、アムロを始めとした少年少女の姿を描いた物語である。また、ダイクンの遺児ながらザビ家への復讐のためシャアを詐称するキャスバルと医学生として滞在中のサイド7で戦闘に巻き込まれ、ホワイトベースの通信士(後にパイロット)となったセイラ・マスことアルテイシアの兄妹の相克。そして、相次ぐ死闘によりニュータイプとして覚醒するアムロ、アムロと運命的な出会いを果たし理解しあいながらシャアを庇い戦死するララァ・スン、最愛の恋人ララァの死により遅まきの覚醒を遂げ、最強の敵として立ちはだかるアムロとガンダムに挑む立場となったシャアの三角関係が描かれる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 伝説巨神イデオン (1981) / Space Runaway Ideon

  2. 無敵超人ザンボット3 (1977) / Invincible Super Man Zambot 3

  3. 無敵鋼人ダイターン3 (1978) / The Unchallengeable Daitarn 3

  4. 勇者ライディーン (1975) / Brave Raideen

  5. 海のトリトン (1972) / Triton of the Sea

  6. 鉄腕アトム (1963) / Mighty Atom

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。